8月, 2017

耐え切れないほどの心の負担に陥るときもあります。

知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語にカタカナでエッセンと書く言葉があります。
これは、食事をとりに休憩してきます、ということを働いている他の人にわかってもらう目的でどこでもよく通用します。ではこのエッセンというのは何かといえば、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、そんな時代の名残ですが、とにかくよく使われ、親しまれている用語です。

同じ病院に長く勤務していると地位が高くなっていきます。具体的には、婦長と聞けば分かりやすい役職ですが、これ以外にも、階級ごとに主任や総看護師長といった役職があります。一口に看護師といっても、学生やパート看護師が珍しくありませんので、資格を持った正看護師という地位も役職的には上の立場に立っているという訳です。
一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。どうして、看護師は運動量が多いのでしょうか。仕事場がオフィスの人と比べると運動量が格段に多いでしょう。患者さんをストレッチャー、もしくは、車椅子を利用して運搬したり、ナースコールがあれば、すぐに病室に駆けつけるからです。
看護士も看護師と呼ぶのも基本的には同じ職業のことをあらわします。
どの点が違うかというと、以前は男性を看護士、女性を看護婦と呼ぶように性別で分けて称していたものです。現在においては、男性女性とも、看護師という呼び名に統一されています。

育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。

特に看護師は仕事と子どものことの両立が困難なので、夕方までの時間帯のみ働けたり、働く日の少ない仕事だったりが見つかると良いですね。子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、看護師の資格を無駄にしない転職先を探すことを勧めます。看護師は医療機関で就労していますから、勤務時間は色々あります。常に、決まったお休みが取れないといった難題があるでしょう。
医療機関では看護師は欠かせない存在ですが、しかし、働く方に言わせてみればお世辞にも良いとは言えない職業であることが珍しくありません。
看護師は煙草を嗜む人が少ない気がしますが、いかにもその通りで、喫煙率は平均より少ないようですね。医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙や臭いをつけないよう、意識している人が増えていることが想像できますね。

常日頃、看護師とて奮闘していて、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。
そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。
ちなみに、それほど激務でもないとされる病棟は、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。

ですが、どういった病院か、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。
私が看護師の仕事に身を投じたいと憧れるようになったきっかけは、疾病や負傷、体調不良などを持つ患者さんの補佐をする事に、この職業のやりがいを感じたためです。

実は、私も以前、入院した際、病院で、看護師さんに助けてもらい、私も一人の看護師として、患者さんに支援をしたいと思うのです。

自分が望むあらゆる細かい条件まできちんと整理して、次に、看護師転職サイトを探してください。
この過程によって、自然に自分が求めているような転職先が掲載されているのかどうか、わかるようになります。

口コミで人気の看護師求人おすすめサイトで探してみましょう。
看護師の勉強をするための学校には医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。

まず、大学はどういったところかというと、最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。
その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、そういった経験を生かして即戦力になれます。
加えて、学費の面についても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。現場では、看護師の業務は重大な職務でしょう。日頃、厳しい現場で看護の業務を行っている中では、耐え切れないほどの心の負担に陥るときもあります。看護師は常日頃、命に影響を与える仕事をしていますから、非常に強い緊張感にかられることも多く、精神的ストレスをうまく発散させることも必要でしょう。こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場においてどう考えても給料が労働に見合わなかったり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。友人は看護師として病院に勤めていたのですが、病気になってしまって、その療養のために退職したそうです。

でも、病気を治したら早めに復職して病院で看護師としての仕事を続けているのです。多少、仕事をしていない期間があっても、有利な資格があれば復帰も早いと思います。

私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。

常にナースはスマイルを欠かさないことが大切なのです。

来院者は心細い気持ちで苦しんでいるケースが多いのです。看護師さんが笑顔でいると抱えている不安を和らげることができます。

常にニッコリ笑って接することを意識しましょう。
看護師というものは、本当に大変です。

夜勤も交代制でありますし、病院も経営難だったりして、少人数で仕事を回すほかない状況です。

激務の影響により、鬱になる方もたくさんいて、退職率も高かったりします。

白衣の天使といったりはするけれど、実際、こんな激務をこなしているのは、まさに天使だといえます。

看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。そして、気になる退職金は、公的医療機関であれば、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、そうした規定に沿って支払われます。
他方で個人病院の状況を見てみますと、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。

看護師が活躍できる場所は、病院に限りません。
グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においてもまだまだ看護師は足りていません。
グループホームで生活しているのは、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、そのことを心に留めて介護することが重要です。

介護関係に携わりたいという看護師の方は、職場としてグループホームを選ぶということも視野に入れてみてください。

転職を考える看護師がいる場合にも、ハローワークで検索したり、求人情報誌などを使って転職先を探すというのが普通だと思います。
でも、驚くことにこれらのところで求人する病院は多くはありません。

病院が、ハローワークや求人情報誌などで求人している場合、働く条件が悪かったり、職場環境がよくなかったりで、医師や看護師を集められないという病院が多いでしょう。
正社員として働く看護師もいれば、パート勤務を選ぶ看護師もいます。
正社員の場合は月給制で、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。その時給ですがこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのがパート看護師の時給としての相場です。

単にパートの時給としてみるとなかなかの数字なのでしょうが、医療機関で働く専門職ですし、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、どうしても安く感じてしまいます。看護婦はハードな仕事と言われていますが、職場においての有用性、必要性は高く、意義の感じられる仕事です。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、看護師も24時間、病院に滞在することになります。
そこで、仕事は日勤業務と夜勤業務で人員を交代させながら業務につくことになります。夜勤業務があるので、上手に生活のメリハリをつけないと充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。

シフトを組んだ交代制勤務などで多くの仕事がある看護師ですが、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。担当の患者の状態や処置についてを理解して、責任を持って申し送りをする看護師に引き継がなくてはいけません。

伝言で済むものもありますが、医療的に重要な処置等に関しての申し送りは安易な気持ちで申し送りできないものです。

学校は看護学校を卒業しました。

そして病院勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。

辞める時には、このまま看護師を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。

ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、看護師という仕事しかないだろうと考えて、どうしても転職したい、と強く思ったのです。

そこではたと困ってしまったことがあります。情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。
そういうサイトを見たり、本を探したりしながら四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。
けれども、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことはちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがわかったのです。
勤め先に関わらず、看護師は大変なこともたくさんある仕事ですが、他の仕事よりは、続けやすい仕事であると考えられています。例えば、妊娠で一度休みを取った場合でも、復帰しやすい職種なのです。レベルの高い専門性が産休後に復復職がしやすいことにつながっていると考えられるでしょう。

ただ、就職先に困らないといわれますが、離職率の高い職種でもあるのです。
近頃は、より一層、看護師の数が足りなくなってきていると言えます。せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、看護師の職を選択していない人も多いのです。

看護師不足が起こる原因は最終的には、看護師の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。
常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。女性の方が圧倒的に多い仕事のため、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。外来であれば、患者さんが入院する病棟だったら、入院患者さんの体調に配慮したり、患者さんの食事、ベッドのお世話などもナースが求められるお仕事です。いつも医師より、患者さんの近くで回復度合いを始め、心、体ともにチェックをし、患者のニーズに合わせて対応するのが、どういった会社でも残業をすればきちんと残業代が出るのは常識です。
ただし、看護師の場合、状況により、残業代がもらえないこともあります。とりわけ、転職をしたばかりで新しい医療現場に慣れていない場合には、残業を申請しにくい雰囲気があるものです。看護師の労働の環境改善をするためにも、残業代がしっかりと受け取れるようにする必要があります。

正看と呼ばれる資格を持った看護師になる方法は、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが絶対条件です。
それが試験の受験資格でもあります。
しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。ですから看護学校受験のための予備校があるほど、難関なのです。もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、看護学校の通信課程も存在しますから、興味があれば調べてみてください。
看護師の業務内容には、どんなものがあるのでしょうか。朝の間に、昨日の夜勤の担当者より、患者の容体を聞いて、引き継ぎをします。この業務は、夜勤と日勤の交代に際して必ず実行される「申し送り」という業務です。
その後、入院中の患者のバイタルを測定し、清拭や入浴の介助を必要にあわせて行うのです。私の叔母にあたる親戚が、ついに離婚を決意して出戻ってくることになりました。久々に会った叔母は思っていたより元気そうで、「看護師の資格があるのだから、どんなところへ行っても仕事に困らない。あんな男の世話になんかならなくても余裕で暮らしていけるわ」と笑顔でした。

カテゴリー
お気に入り