交代制で働く看護師

なんだかんだいって、看護師は安月給だし、夜の勤務があるため、激務だといえます。

ですけど、看護師にも良いところがちゃんとありますよ。
一例を挙げてみると、入院患者に感謝してもらえることがあります。それに、近頃では、働く女の人の代表として、婚活の場でも、人気者だといわれています。交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、申し送りを行なうことにしている病院は多いです。

患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を口頭で直接、次の人に報告するというものです。

患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話す努力が必要です。

業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量もとても大事なことです。

医療機関には、看護師は欠くことのできない大切な働き手になります。
にもかかわらず、そんな看護師の待遇はそれほどよくありません。看護師は夜間の勤務があったり、休暇がそれほど多くないなどの辛いことがたくさんあって、受け取る給料も高くないのです。
多くの看護婦が退職してしまうのも、言わずもがなのことなのかもしれません。往々にして看護師として働くことは大変ハードだと認識され、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。例として、二交代制の病院勤務のケースだと、休憩を挟むとは言っても、合計勤務時間が16時間になることも。

このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、世間的に、看護師として働くことがハードだと思われやすい理由になっていると思います。
現在も、看護師は人手不足です。この人手不足をなんとかするには、現在、看護師の資格を取得していながら看護の仕事をしていない方に、看護師としての仕事に就いてもらうことが良いと思われます。柔軟な働き方ができるよう医療機関が良くない部分を改めていくことが重要です。

看護師というものは勤務する時間が不規則な上に厳しい労働環境であることなどが影響してまったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、案外、看護師資格はそれ以外の職場にとっても活用できるというのもよくある話です。

例として、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。昔から看護師さんになるのが夢でした。ですが、家庭の事情があって会社員として働くことになりました。しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するという事も出来ますが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。

諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。
最近の交代勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、看護師を挙げることが出来ます。

勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、一般的には病棟の方が必要な看護師も多いので、まだ経験が浅ければ、シフト勤務は避けて通れないと思います。実際に、私の妻も子供が小さい時に看護師としてシフトを組んでいた為、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって困った事を覚えています。

看護師としての働き方はいろいろあります。

正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。

その時給ですが昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが世間の相場みたいですね。
パートの仕事の割にはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、専門職である人命に関わる看護師であり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、つくづく安い値段ではないでしょうか。
どうすれば思った形に近く他の病院に、看護師が転職できるかといえば、専門の業者に依頼するのが一番の早道で、安心な方法でしょう。
ネットで検索をかけてみると、さまざまな転職サイトがありますから、とにかく情報を集めてみるのが早道になると思います。複数の看護師転職サイトに登録しても良いので、あれこれ考えずに、試してみましょう。
看護師が自分の看護の腕前をもっと磨いたり、ステップアップするには様々な手段があります。

働いている病院から技術の向上を図れる他の病院とか医療施設などにトラバーユするのも一つの選択です。

それに、最先端技術、より幅広い知識を体得するために様々にある看護に関連の資格合格を目指すのも成長できる方法でしょう。よく業界用語ってありますよね。
仕事を円滑にこなしていくためといった理由でその職にしか使えない言葉が使われているでしょう。
看護士でも同じように業界用語が利用されています。
例を挙げると、心マは心臓のマッサージを指し、ギネが女性専用の科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションなど、いっぱいある業界用語を使うのです。
一般的な認識では看護師は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからローンの際も、往々にして、簡単に審査に通りがちです。

ですが、看護師であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時にはそう簡単にはいかないかもしれません。

簡単にローンを組めるのは正規職員として勤務している安定している看護師に限って言えることであり、看護師であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。

看護師の仕事としては、どんな業務があるのでしょうか。朝には前日の夜勤者から、患者さんの状態を聞き、引き継ぎをします。こちらの業務は、夜勤から日勤の交代の時に必ず実行される「申し送り」です。
その後、入院中の患者のバイタルを測定し、必要により、清拭、入浴の介助を実行します。知人が看護師として働いていたのですが、病気のために看護師を辞めました。ですが、病気が完治すると現場に復帰して、昔と変わらず看護師として勤務しているのです。ブランクがあっても、資格があれば早々に復帰できますね。
普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。看護師の仕事といっても、勤めている科が違えば、看護師の仕事やケアなど、看護の方法が違います。ローテーション研修は、看護師にとって自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。

将来を考えるキッカケになりますから、モチベーションが湧きやすいようです。

かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、看護師の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。

でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。
ところで看護師であるからには、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、他人の状態がどうか、ということのみならず、それだけでなく自分自身の身体のことも状態を自覚したりできるようになります。
看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、結局のところ、働いていない期間が長くあったとしても、また看護師に戻れるという点です。
これはなぜかというと、看護師が専門職であることに加え、働き手が足りていない現状が大きくかかわっていると言えます。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ極端に言えばすでに50代になっていても再び働くことができます。思い返してみると、私が看護師になりたいと思ったのは職業体験というものが中学の時にあって介護施設を訪問し、そこでの看護師さんの働きぶりを見て衝撃を受けたからです。

大人になって仕事に就くならあんな仕事をしたいと感じたのが始まりで看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。

いやなこともありますが、それなりに充実していると思います。看護師というものは、過酷な仕事です。夜の勤務も交代で勤めなくてはなりませんし、経営状態のよくない病院だと、少ない人数によって業務をする以外にないところも多いです。
過労でうつ状態になる人も多く、退職率も高かったりします。白衣の天使といったりはするけれど、実際、こんな激務をこなしているのは、まさに天使だといえます。
看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。通常業務のみでも大変忙しいのに加え、業務時間以外にも仕事が多くあり、仕方なく残業することも日常茶飯事です。

とはいえ、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも笑顔で患者さんやご家族とは接しています。さっきまで愚痴っていた人が打って変わって笑顔になるのです。
看護師はさながら女優だなと感じます。
病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、はじめにどのような労働条件を求めているかをクリアーにしておくのが大切です。ナイトナースはできない、プライベートの時間は十分確保したい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、リクエストには個性があります。

ご存知のように専門職である看護師が不足し困っている職場は多いため、ストレスのたまる勤務場所で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。

お世辞にも良いとは言えない労働環境で、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死してしまった看護師もいたのです。

たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、さらに看護師の需要は高まっており、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。なぜナースはたくさん運動するのでしょうか。

事務仕事をしている人と比べてみると動く量が多くなります。

患者さんをストレッチャーや車椅子で移動させたり、ナースコールによって、すぐに病室に駆けつけるからです。看護師って病院での仕事で堅実な職業と思われていますが、きつい仕事の割には賃金はそれほどたいしたことはないです。婦長クラスならともかく、多くの人は大変な割にはいまひとつって感じの額なのです。賃金の低さに嫌気がさし辞める看護師もレアケースではありません。
他業界の労働者と看護師を収入の面で比較してみると、平均年収という点では看護師の方が上なのだそうです。医療や福祉関係の機関では、看護師不足に泣いているところも多くいつでも人手を求めている、という事情により、景気に関係なく、収入が安定しているといった役得もあるようです。
収入が良いのは事実ですが、その一方で、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、看護師を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。

単純に看護師とはいっても、職場でガッツリ仕事をしたいのか、介護に関係した勤務をしたいのか、あるいは、専門知識が役立つ事務的な職務につきたいのか、多様にあるでしょう。あるいは、大きな病院で仕事に就きたいのか、あるいは、小さな個人病院に勤務したいのか、労働先の人数、就労時間に求めるものがあるのかも重要です。
希望の病院や医療機関への転職を試みる看護師にとって、重大なことが面談になります。
面談の際に尋ねられがちな質問は以前の勤務先での仕事の内容、退職した理由、就職したら、この病院で何をしたいか、看護観などです。言葉に詰まることなく、しっかり説明するためにも、事前にまとめておく必要があります。
近年の高齢者増に伴い、福祉施設でも看護師の必要人数は高まりをみせてきているのです。

他方、大きな会社になると医務室などにも看護師が待機していて、健康診断や健康相談、ストレスなど精神面のサポートを担当しています。
このようなケースでは、その会社に所属することも選択肢として浮かびます。

世間から見ると、看護師は給料が高いという印象があるのではないでしょうか。

もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど厳しい仕事も多いですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると高収入を続けやすいことが見て取れます。
景気に左右されないのも強みでしょう。これらの高給や安定性を重視するならば看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り