看護師の職業にもいいところはちゃんとあります

看護師は給料が安いし、夜の勤務もあることが多く、激務だといえます。
ですが、看護師の職業にもいいところはちゃんとありますよ。お世話をした患者さんに感謝してもらえるなんてこともあります。
それに、近頃では、自立した女性という印象のため、婚活でも人気があります。看護roo!というHPにある看護師のコミュニティサービスも、先輩看護師によるアドバイスや看護師が知りたい情報が数多く載っているので、ずいぶん人気を集めています。
また、看護師の疑問や質問、それに対する回答もこのコミュニティなら読むことが可能ですので、すごく役に立ちます。看護師という職種は、ものすごくハードです。

交代とはいえ、夜勤もあり、経営状態のよくない企業だと、少ない人数によって仕事を回すほかない状況です。過労がもとになって、鬱病の症状が出る人も多くて、退職率も高かったりします。

白衣の天使とはいわれるものの、現状の業務は楽ではないようです。
やはり、看護師の仕事は、大切であり、企業、医療施設では、いないというのはあり得ない重大な責任を背負っているわけです。責任のある重要な仕事であると同じく、夜勤といった変則的な勤務形態で寝る時間の少ない看護師も多数いるようです。そのため、看護師のためにも健康管理にも気を付けることが重要な問題だといえるのです。

ほとんどの企業では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般の会社組織においては課長職に近いものです。
普通に課長職といっても、その年収が企業によって違うように、勤めている企業の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。

あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。ちなみに、最高額の年収と思われる公立企業に勤めるケースでは、750万円位だと推測できます。シフト勤務で働く看護師にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で体の健康を害してしまうのであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。

ですが、ここで気を付けたいことは、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、夜勤で働いていた頃に比べて収入が少なくなることがほとんどです。

今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。
看護師が転職しようとする理由には様々な理由が想定されます。
よくあるものとしては、最先端の医療や高度医療技術を身につけることと現場での実践経験を積むために、専門性の高い企業で働きたいというきっかけもあるようです。

それに、結婚、出産などによるライフスタイルの変化に適応できるように転職を選択するケースも珍しくありません。学校を卒業したばかりの新人ですとか、違う企業から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、間違いなく残業をしているのに、相当する手当が未払いになることがあります。ただ働きで残業をさせるのは、労働者が新人かどうかは別の話で労基法違反であり、犯罪です。残業も完全に仕事のうちですから、労働した時間分はきっちり、報酬を得なくてはなりません。
看護師でも転職回数が多いと良くない印象となるのかというと、そうであるとは言い切れません。自己PRをうまくできれば、経験が多くあり、意欲的であるというイメージをつけることもできますね。とは言っても、勤務の年数が短過ぎてしまうと、採用後、すぐやめると思ってしまうこともありえるでしょう。
看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、看護師がいなければ企業内で仕事が回らないほどであり、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。
24時間いつでも稼働している企業が職場ですから、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。
そのため、仕事は日勤業務と夜勤業務で人員を交代させながら業務につくことになります。
夜勤業務があるので、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。看護師の業務、介護士の業務で、最も異なることは、看護師は、お医者様の指示を受けて医療的な行為が可能だということです。
注射とか点滴のような仕事は、看護師にしかできません。
苦労が多く、精神的にも辛い仕事ですが、プライドを持ってこの職業しかないと思う看護師もたくさんいるのは、揺るぎない責任感や使命感があるためと言えるかもしれません。
ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。
ナースの手が足りない職場はたくさんありますが、より良い雇用環境に就くためにも、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、熟慮していくのがよいです。急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、たくさんの募集オファーが出てくる時機まで待機すると無駄がないでしょう。看護師の存在は、医療機関にとっては無くてはならない大切な働き手になります。

でも、看護師の仕事に対する待遇は特に良いとはいえません。
夜に仕事をする機会がありますし、休日が多くないという辛い環境で仕事をしていて、受け取る給料も高くないのです。
看護婦の仕事を辞める割合が高いのも、当然の帰結なのかもしれません。
東京やその周辺の地域のお仕事探しに適していると知られているのが、看護roo!です。

取り扱い募集件数もすごくバラエティに富んでおり、みなさん、その情報の多さにも喜んでいます。募集数がとてもたくさんあると、それだけ職を変えることに成功している方もたくさん存在するということです。看護師として勤務している人は何万人もいますが、それとは対照的に、看護師という資格を所持していながらも、就職していない人が五十万人以上いると推測されています。日本で4万人の看護師が足りないと考えられているので、それだけいる50万人の中の数%の人でも勤務できるようになれば、この問題は、多少なりとも解決できると思います。

正看護師と準看護師が、どういう仕事をするのかには、そんなに大きな違いはありません。
ただ、準看護師においては、医師、看護師の指示によって業務をするように、決められているため、現場での立場は正看護師が上に立つことになります。
年収に関しては、企業ごとに定められていますが、普通、差があるものです。

企業勤務で看護師として働く場合、大きく外来勤務か病棟勤務に分かれますが、仕事内容はかなり異なります。という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。

それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。

そうすることで、それを活用できる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。
仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。

多くの場合、看護師としてたくさんの経験をしていると地位が高くなっていきます。
例えば、婦長といったら一般的にも分かりやすい役職だと思います。
しかし、また別に主任などの役職があるのです。昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も珍しくなくなってきましたから、正看護師であればそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。
労働者一般の収入と、看護師のそれとを比べてみたら、少なくとも平均年収においては確実に、看護師の方が上回るといいます。慢性的に人手が不足している医療分野では需要が途切れることなくあります。そのため、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという専門職らしい長所もあるのでした。

ところが、高給を得られる職業ではありますが、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。
外来にいる看護婦は、お医者さんの診察のお手伝いなどをしますし、入院病棟では、入院患者さんの体調に配慮したり、患者さんの食事、ベッドのお世話などもナースのお仕事です。医師よりも、患者さん側の人間として回復度合いを始め、心、体ともにチェックをし、必要に応じた対処するのが、看護師の使命です。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り