やはり看護師は続けたい

誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。

あの帽子というのは、看護師を志す学生たちが、企業の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。
料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。
けれども、昨今では、看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。

過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは悲しい気もしますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。

企業では普通、看護師が注射や採血を行います。普通、好んで注射をされに行くような人は稀でしょうが、注射されるなら上手な看護師にお願いしたいですよね。ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、上手に刺してくれる人もいれば、上手でない看護師にあたる事も珍しいことでありません。こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。

正看と呼ばれる資格を持った看護師になる方法は、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが必須になります。

卒業できなければ、試験の受験資格がありません。
とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、看護学校の受験合格を目指した予備校に通って受験対策をする人もいるようです。准看護師に限らず、働きながら正看護師の資格を取ろうとする場合は、通信教育課程も存在しますから、興味があれば調べてみてください。看護スタッフが別な職場を探すときのポイントは、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件をクリアーにしておくのが大切です。
泊まりでの勤務は荷が重い、休みの日が減るのは困る、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、望む職場環境は人それぞれです。看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、ストレスのたまる勤務場所で頑張り続けることはありません。平均的に離職者の多い看護師という職業は、やはり、転職率も高いことが挙げられます。

ですから、転職サイトによっては看護師のみに対象を絞ったものが増えつつあります。

専用の転職サイトなら、さらに効率よく希望する条件にあった募集を見付けられる可能性が上がるので、仕事で忙しく働く看護師にはうってつけのサイトです。どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを合わせて活用すると、さらに便利だと思います。

食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目指すには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて看護師ということになるのです。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。看護師を養成する学校というのはいくつか種類があるのですけれど、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。仮に、看護師の仕事をこなしながらお金の余裕を得たいと思ったら、掛け持ちの仕事があります。

仕事が休みの日を利用して他の仕事で収入を得る看護師は毎年増加する傾向がみられます。副業のメリットは、暇な時間を効果的に活用することができて別の仕事をすることでストレスの解消にもつながる事です。

看護師に対する募集は多くありますが、希望とする条件に見合う募集がいつもあるとは限りません。
看護師資格を持っている方で就職さえできればどんな条件でも良いと思っている方は少ないでしょう。できれば給料が高く職場の環境も良く、夜勤がなくラクな職場で働きたいと考えておられる方が多いものです。

志望通りのところに転職するには、情報収集こそが重要になってきます。ほとんどの企業では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。いわゆる課長職でも、その年収は勤める企業の規模で全く違ってくるように、看護師の収入も、勤めている企業の大きさで違ってくるのです。または、公立と民間、地域によっても差があって、稼ぎの良い公立企業に勤めるケースではおよそ750万円程度だと言われているようです。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。

たとえば正社員として働く看護師は月給制です。
でも、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみると昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが大体の相場らしいです。
これを単純にパートの時給とみるとかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、専門職である人命に関わる看護師であり、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。
退職金の金額を心配している看護師もいるのかもしれません。
看護婦の退職金は、国立、県立の企業なら支払い額が多いです。
次に、退職金が多く支払われるのは、大学企業です。
規模が小さい企業の場合は、多くありません。どうしても、夜に仕事をする機会が多いため、全ての人にとって良い仕事場ではないですが、基本的には、規模が大きい医療施設の方が退職金などの待遇が良いでしょう。看護師試験合格に向けて学ぶ場所として大学と専門学校という二つがあります。

大学の場合のいい面は高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。
その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。

専門学校では、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。さらに学費に関していえば専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。
外来であれば、ドクターのヘルプなどを行い、入院病棟の場合には、患者さんの体調チェックから、患者のベッド周りのお世話もナースのお仕事です。

常に、患者さんに寄り添って必要に応じた対処するのが、ナースの役目です。

近年の高齢者増に伴い、養護施設でも看護師の需要は年々増えてきています。
それに、人員が多数所属する会社になると医務室などにも看護をしてくれる専門職の方がいて、健康診断や健康相談、ストレスなどによるメンタルケアを勤めています。

こういった場合、その会社に所属することも決してなくはないでしょう。他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしていると良くない印象となるのかというと、絶対そうであるとは言えません。自己PRの方法を工夫すれば、経験が多くあり、意欲的であるというイメージを持ってもらうことも可能です。
ですが、働いている期間が短過ぎてしまうと、採用後、すぐやめると思ってしまう可能性が出てきます。介護士と看護師の仕事内容の最大の違いは、やはり、看護師は医師の指示に従って医療にあたる行為を実行できるということです。
注射、点滴、投薬などは、看護師にしか行えません。体力も精神力も必要な仕事ですが、プライドを持ってこの職業しかないと思うナースも少なくないのは、しっかりとした責任感や使命感があるためだといえるでしょう。新卒ですぐに勤めた企業では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、このまま看護師を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。

けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり看護師は続けたい、というもので、転職という選択をすることにしたのでした。決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。

ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことは自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだとわかったのです。正看護師と準看護師で、一番異なる点は資格があるかということになります。国家試験で、正看護師の資格を取らなければ、働けません。

でも、準看護師は国家試験ではなく、各都道府県知事が交付する資格となるのです。
そのため、準看護師が正看護師に対して指示はできず、どうがんばっても、看護師長など上の役職に上がったり、指導する立場にもなれません。看護師に男性でもなれるのかを調査してみました。もちろん、女性の看護師が大半であるものの、男の看護師も活躍しているのです。
男の患者の場合、世話を女性の看護師にやってもらうのが恥ずかしいと思うケースもあります。
このような時、看護師の中に男性がいると非常にありがたがられます。看護師は患者の人の生命に関わるような業務内容なので、とても神経を使います。
しかし、それでいながら、それほど高給ではない給料で懸命に働いているのです。看護師の仕事に対する情熱を向上させるために、是非とも給料を増やしてほしいと考えます。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り